〜陶身大〜 和アジアンスタイルの陶芸家

京都在住・和アジアン陶芸家「黒川正樹」の作陶生活を、嫁が綴るブログです。
器づくりの日々のこと、作品の写真、展示会のこと、普段のくらし、毎日の料理、盛り付けなどについて書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活良好6月号に掲載

まだまだ寒かった2月の中旬に撮影した
「生活良好6月号」がやっと出来上がりました!


ikagoya1.jpg


↑これは嫁が撮影のときに携帯で撮った写真



↓それが、こうなりました!


生活良好2011.91



「父の日おつまみ食堂」という特集の表紙に
「蒼八角平皿」を使っていただいたのです。

初夏なので、この蒼がぴったりだったかも!?

人によってはこの蒼を「緑」と言われる方も。
たしかに、ちょっと緑っぽいかも。



seikatu201192.jpg

そしてもうひとつ、黒の長角皿も同じ特集で使っていただきました。
こちらはシンプルながらなかなかの人気モノです。






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

スポンサーサイト

どんぶりを花生けに

今日はうれしいお写真をいただいたので、
ご紹介いたします!

以前、下の写真の丼をお買い上げいただいた方です。


白釉黒金入り飯碗

■白釉黒金入り飯碗
大Φ15cm h7cm
小Φ14cm h7cm




これはもちろん、ごはんを入れて使う丼なのですが
お花を入れて食卓に飾っている写真!
なるほど~。ちょっと深さがあるので、
お花にはぴったりですね。



201105282112000.jpg


お花がきれいなのもあって、(笑)
器もよく見えます。w


このときは来客中とのことで、
この花を食卓に飾りながら
みなさんでお食事されたそうですよ☆


嫁も真似してみようと思います~
ありがとうございました!



HPの「お客様の声」のページにも
掲載させていただきましたので、
またご覧になってくださいね。

「こんな風に使ってるで~」写真、随時募集中!
みなさん、気軽に送ってやってくださいませ!!



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹




誕生!中国文明展へ行ってきました

今日は雨の中、奈良までお出かけしてきました。

黒川たっての「これは見たい!」という希望により、
奈良国立博物館でやっている
「誕生!中国文明」という展示会です。


narako.jpg


いわゆる中華文化じゃなくて、
インドやイスラムの色がすご~く濃く残っている、
初期の中国文化。


これが、めちゃくちゃよかったです!!

なにせ、アジア好きの黒川家。
ツボにはまりまくりました!

大昔の文明なのに、技術はものすごい!
陶器にしろ青銅にしろ、とてつもない人間力を感じました。





DSC00413.jpg

博物館のまわりにはシカがいっぱい。
娘にとって博物館はつまらない場所ですが、
シカがおってくれて、ちょっと楽しんでいただけたようで。w


DSC00412.jpg

写真ではわかりづらいですが、
猿沢の池には無数のカメが!!!
繁殖しすぎやろ!ってぐらい、うようよいてびっくり。



DSC00411.jpg

ならまちも少し行ってみました。


奈良って、数年ぶりに訪れたんですが、
いいところです、京都とは違う風情があって!


偶然、人気の雑貨店「くるみの木」の前を通ったんで、
中に入ってみました。

DSC00405.jpg

DSC00407.jpg

ナチュラル系の雑貨や食べ物がぎっしり!
ディスプレイもすてきで、
こんなおうちにしたいな~と、素直に思った嫁。

隣のカフェでご飯を食べようと思ったけど、
雨なのに20組待ちで、あきらめました・・・・。

すごい人気っぷり!


DSC00409.jpg

器もたくさんおいてあって、
黒川も興味津津!
ま、黒川のテイストとはまったく違うものばかりでしたが。w


DSC00410.jpg

おままごとに興味のある娘も、
興味深そうに見ていました!

DSC00408.jpg





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

ケーキ皿にいけるかどうか

飴釉の平皿ですが、

「ケーキ皿にしたい」というお声をよく聞くので
黒川家でもケーキを盛ってみました。


丸じゃなくて、ちょっと変形の8角なので
変化づけになります。

この平皿は、いつもは取り皿として使っています。


■飴釉八角長皿 17.5×12×2 
長方形の角を落とした形の平皿。
表面は模様が彫ってありますが、
つるりとした釉薬をかけてあるので洗いやすさも抜群です。
ケーキ皿や取り皿にぴったりの大きさです。



DSC00390.jpg

飴釉八角皿@料理冊子の撮影

昨日も、料理冊子の撮影に
黒川の飴釉八角皿を使っていただきました!


春巻き


この撮影セットはプロ仕様、
でも写真自体は嫁の携帯です・・・w



本物の写真は冊子発行してから
ご紹介いたします!




ホームページのトップページには
今まで撮影で使っていただいた写真を
こっそりのせていますので、ごらんくださいませ!


やっぱりプロが撮ると違いますね~
写真は重要です。はい。





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

陶器とは割れるもの

昨日帰宅すると、
玄関の壁にかけてあるはずの絵が棚に置いてありました。


んんん?と思い
よく見てみると、

絵をかけていたひもが切れて、
棚まで落下していたのです・・・・・

そして、その下においてあった

↓この作品

謹賀新年

融合の一部に、ひびが入ってしまいました。泣



陶器とは割れるもの・・・
いつかは壊れるもの・・・
とわかっていても、気合い入れた作品にひびが入るとは
悲しいです。




aogosunichigo.jpg


今日のひと皿は、ロハスで人気のありました
蒼の5寸皿。

控え目なヘナ模様で、お料理のポイントになります。



いちごの季節ももう終わりですね。
うちの近所の果物屋さんでは、
一番安い時で1パック120円ぐらいで売っています。





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

ふたたびインドのお土産

黒川のかつての旅仲間で、
仕事を辞めてアジアを旅していたMくんが帰国!

その帰国祝い(?)じゃないですが、
学生時代、黒川がバックパッカー旅をしているときに
知り合った友達同士、久々に会って、
近況報告などしてリラックスしたようです。



Mくんは年末に我が家に
↓こういうヘナの本を大量に送ってくれていたのでした。


DSC05891.jpg





久々に会ったMくんは
「また、旅がしたい!」と生き生きしていたとのこと!



そしていつも陶芸をしている黒川のことを気にかけてくれていて、
またもや現地で資料を買ってきてくれました!

↓インドのデザインテキスト。

DSC00398.jpg

DSC00397.jpg

すごくすてきなパターンがいろいろ載っています。



こんだけいい資料がそろっていたら
あとは、形にするだけだ!!笑






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

大井さんの個展に行ってきました

黒川の陶芸仲間の
大井寛史さんの作品を見に行ってきました。


ooihi1.jpg

以前ご紹介したDM。


場所は京都高島屋~。

…といっても、行ってきたのは黒川のみ。

娘の調子が悪かったので、
嫁と娘は留守番しました。

残念!!


黒川いわく、「すごくよかった」とのこと。


「蛍手」という、透かし彫りの技法を取り入れた
カップなどが、新しい大井さんの作風になっていたよ~と
言っていました!


DSC06427.jpg

光が当たると、透けて見えてとってもかわいいです。



DSC00396.jpg


黒川も、その一つをうちに連れて帰ってきました!
形もキュート。
嫁はこれで日本酒が呑みたいです!!


気づいたのですが、酒飲みの家には、
ぐいのみはいくつあっても楽しいな、と。
その時の気分で器を選べるのって、ちょっとした楽しみです。


大井さんの個展は
24日火曜日まででございます。

京都高島屋 6階にて開催中!




■おまけ■

DSC00393.jpg

だらだらな黒川とパンツ丸見えの娘の図
下に敷いてる布は、タイ航空の飛行機でパクってきたブランケット・・・
娘の遊び道具です。w




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹





4歳の誕生日本番

昨日5月20日は、娘の誕生日でした。
先週に前祝いをやったのですが、
やはり本番が重要!ということで、再び祝いを…


…といっても、娘は黒川と嫁の帰宅より先に
晩ごはんを食べてしまっているので、
大人のふつうの晩ごはんなんですけどね。






メインはローストポーク!
飴釉の皿に盛りつけました。


DSC00371.jpg


そのほかのお皿も、黒川作です。
あんまり大した料理じゃないので、恥ずかしい・・・


娘の食器は黒川作のものを使っています。
もう少し小さい時はプラスチックを使っていたのですが、
プラスチックはおいしくないんですよね・・・

娘の残したものを食べると「まずっ!」てなるので、
やっぱりお皿は陶器がいいなあと思い、変えました。

DSC00375.jpg


「ごはんはもういらない~」
というので、先にケーキをあけてあげるとこの笑顔!
やっぱりケーキが好きだねえ。
ロールケーキでごめんね。w


DSC00383.jpg



…というわけで、
ごちそうは、大人だけでいただきました!!!w
このあとワインで乾杯したのでした。


DSC00386.jpg



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

陶芸家の職業病は?

嫁の仕事はパソコンデスクワークなので、
職業病と言えば肩こり、眼精疲労などなど。


陶芸家の職業病といえば…

なんでしょう??

まず、皮膚が弱い黒川が悩んだのが

「手荒れ」。


年中、土を触り、冷たい水に触れるので、
一時は指がボロボロになっていました。
まいにち手荒れケアをすることで、
なんとかそれは落ち着いているのですが、



最近は「すごくふくらはぎがむくむ。じーんとして、だるい」
というので、「なんだろうね???」
と心配していたのですが、

ネットで調べてみたところ、


「腰痛の前兆」かもしれないとのこと!



なるほど~!確かに、陶芸家も座り仕事なので
腰痛の心配があるのです。


そこで、


「毎日、腹筋と、エビぞりをするんや!!!」


とトレーニングしはじめたところ、
少しましになってきたようです。


うつぶせに寝て、足首をつかんで、
えいっとエビぞりになって、30秒キープ!


これで腰痛予防・・・になるかは
わかりませんが、気持ちいいので嫁もやっています。w





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

ただいま灰皿を試作中

お料理屋さんに置く「灰皿」を頼まれていまして、
ちょこちょこと試作を始めています。

ふつうのものでは面白くないので、
黒川らしく「ヘナ」「模様」を施した、蒼の灰皿にする予定。

焼く前の写真をご紹介します。




DSC00357.jpg

これは円盤型の皿の内側に、彫で模様を入れたもの。


DSC00361.jpg

こちらはふちにヘナで模様をいれてみました。
「タバコを置く溝がないやん」と突っ込むと
「そうやねん。ふつうの皿になってしまった」とのこと。

ふつうの「小鉢」として変更ですね、これは・・・


DSC00362.jpg

そしてこちらは、全体的に丸い形にしたもの。


DSC00364.jpg

丸い形のものに、流線形の彫を加えるとこうなります。
黒川も嫁も、現段階ではこれが一番のお気に入り!


DSC00367.jpg


そしてこれはまた別のふたつき灰皿。
ヘナの模様がポイントで、かわいいです。


DSC00368.jpg

上の灰皿のオプションで、こんな中ふたも作っていました。
これは使いやすそう!!


釉薬をかけて焼くとまた全然違ってくると思うので、
まだまだこれからも。


昔は煙草を吸っていた黒川ですが、
もはやすっかりノンスモーカー。
でも愛煙家の方に使っていただける灰皿を目指して奮闘中です~!




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

呑み会のアテ写真

ゴールデンウィークに
うちで呑み会をしたときの
つまみ写真をアップするのを忘れていました!


下は、生ハム巻きのひと口ずし。
黒川の「飴釉丸平皿」に盛ってみました。
中央の柄は隠れてしまうのですが、
ふちの模様がポイントになってなかなかかと。

DSC00295.jpg

あまりこういうの、作ったことなかったんですが、
この前お料理の撮影の時に先生が作ってらしたのを
参考に、作ってみました!

①ごはんにドレッシングを混ぜる(リケンのレモン&ハーブが最高♪)
②ひと口サイズにまとめて、チーズをのせる
③生ハムを巻く
④たれをかける(バルサミコ+しょうゆ+砂糖+塩コショウ)

以上!自分で言うのもなんですが、けっこうおいしかったです。ムフ。




もう一品は、アボカドとタコのマリネ。
こちらは蒼丸平皿に盛り付けてみました。
涼やかな感じになって、飴釉の皿とは全然違います。


DSC00301.jpg


ちなみにレシピは、材料を切って
ひと口ずしと同じようにドレッシングをかけただけなんですが、
もうひとつ「豆腐のオリーブ油漬」をかけてみました。

オリーブ油に、塩と水切りした豆腐、
コリアンダーなどのハーブを適当に入れて漬けておくと、
パンやドレッシングに便利なオイルになるんです。

しばらくつけておくと豆腐がチーズにみたいになっておいしい!

おすすめです!




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


誕生日とバーベキュー


昨日は、娘の4歳の誕生日パーティをしました。
本当は今週の金曜日なのですが、少し早めということで。

ケーキを買いに行くと、
ホールのものよりショートケーキを見て「これが食べたい!!」

というので、ホールとは別にいちごショートケーキを購入。

DSC00333.jpg

そしてパーティが始まる前に
パクパク食べてこの顔・・・。w


DSC00345.jpg

そしてもうひとつのパーティの目的が、
なんと嫁の妹が「彼氏」を初披露!!!
というわけで、嫁の実家はこの日騒然となりました。


DSC00355.jpg

最初は庭でバーベキューしていたのですが、
ダラダラ食べ飲み続け、やがて家の中に移動して酒飲み。


妹の彼氏はほとんど呑めないのですが、
それ以外のメンバーはほとんど酒好きという・・・・

黒川も、ご機嫌で飲んでいました。
頼むよ義兄さん!!!



今日は陶芸の話題がないので、
最後に「きょうのひと皿」を。笑

DSC00335.jpg


パーティのつまみとして、
「ガーリックトースト」を作ってみました!!

フランスパンの断面ににんにくをこすりつけて、
塩とパセリを混ぜたオリーブ油を塗って焼くだけ。

これを、黒川の飴釉八角平皿にのせてみました。


う~ん、やっぱりこの飴色はパンとか合うなあ。
ちなみにこのガーリックトーストは好評ですぐなくなりました!



■飴釉八角平皿 ¥3800
正方形の角を落とした形が特徴の平皿です。
インド紋様が全体的に施してありますが、
彫なので表面はつるりとしていて使いやすいです。





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

陶 大井寛史展のご案内

今日は、お友達の個展のご案内です。

先日ご紹介しました「北村大輔」さんと同じく、
黒川の陶芸訓練校の同級生で、
グループ展メンバーでもある「大井寛史」さんの個展です。


ooihi1.jpg


陶 大井寛史展

5月18日(水)~24日(火)

高島屋京都店 6階美術工芸サロン



ホーローを思わせる純白のしっとりした質感の器と
丁寧に透かしを入れた蛍手の器を展観いたします。
是非ご高覧くださいませ。


…ということで、大井さん、がんばって!!!!
いや~、十分頑張ってはると思いますが。


ooihi2.jpg


↑だって・・・ほら、このコメント。笑
(勝手に載せちゃってごめんね大井さん!)




黒川と嫁も、しっかり見に行く予定でおります!!!



・・・・それにしても、黒川の訓練校の同級生たちは、
ぞくぞくと陶芸界で頭角を現しているのです。

「みんな頑張ってるわ~~~あ」  by黒川




「お前も頑張れよ!!」

心の中で突っ込む、嫁なのでありました!!!






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

これから作りたいものは

今年残りのスケジュールはまだ
はっきりとは決まっていないのでですが、
春のロハスフェスタで作品にひと段落・・・
という気持ちがあって、また新しいステージにきたかな?
と話しています。そして、


この秋は「土鍋」に力を入れていこう!

というのが黒川のテーマ。


まだ初夏ですが、土鍋の試作品作りがはじまっています。
ほかには、人から頼まれたものやらを作ったり。


また少しずつ、
作陶のようすなどをこの場でお知らせしていくつもりです。
少々お待ち下さいませ!


ところで、先日


「海の中の世界を作ってみたい」


と言いだした黒川。



な、なんですか、突然。


「陶器で、いろいろな色を出して
サンゴ礁やらを表現してみたい」

というではありませんか。


そこで、ピン!ときた、嫁。


「それ、あんた『ポニョ』見たからやろ?」



近頃、娘に付き合って
初めて「ポニョ」を見た黒川・・・・

思いっきり影響されてるやん!
と思わず突っ込んでしまった嫁なのでした。


ポニョぐらいすごいやつ、たのんまっせ!






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

お客様からのお声 グラタン皿

ロハスフェスタにいつも来てくださる
S様ご夫妻から、黒風窯のグラタン皿を使った
お料理の写真をいただきました~~!!!ドンドン、パフパフ~


すっごくうれしいです。
だって、まだまだ駆け出しなもので・・・
お客様の温かさだけが、心の支えなのです・・・。



嫁は何一つ皿を作っているわけではないんですが。
自分のことのように・・・汗



では、いただいたお写真、いってみましょー!


guratan1.jpg

おっと禁断の(?)ゆで卵入りです!
ぜったいおいしいに決まってるじゃないですか~あ!!><
しかもスタイリングもかわいいですねえ・・・

このお写真をいただいたS様の奥様は、とってもかわいらしい方。
その人柄が感じられるようです^^



guratan2.jpg

そしてこちらはお野菜たっぷりバージョンのグラタンですね!
嫁の大好きなスナップえんどうもいっぱい~。
上にかかっているのはソースかな?チーズかな?
野菜が多いと、パクパクいけちゃいますよね!



guratan3.jpg


そして最後は、
ほうれん草+クリームと見ました!
これもおいしそう!!!
この組み合わせは大人にとっては鉄板ですね!


グラタン皿は、秋のロハスにてお買い上げいただいたのですが、
こんなにいろんなグラタンができるんだな~とびっくり。

嫁ももっと作ってみよう!と思いました。

S様は「そんなにうまく撮れていないですが・・」と
おっしゃっていましたが、いやいや、とてもすてきなお写真。
素敵カップルのS様ご夫妻の日常がうかがえるようで、
うれしくなりました!ムフフ


グラタン皿もたくさん使っていただいて、喜んでいるはず・・・
S様、お写真ありがとうございました!




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

夏に向けて そうめん鉢

ぐんぐん気温が上がってきて、
冷たい麺がおいしい季節になりました!


そうめん鉢、探してる方いませんか~?
鉢ってなかなかいいものがない・・・というお声を聞きます。


黒風窯の春夏のおすすめが、
この蒼のそうめん鉢。


soumenbachi.jpg

↑写真の真中の鉢です。
手前は、そばちょこです。ちょっと大きめサイズです。

そうめん鉢は直径25センチぐらいで、たっぷり入ります。
氷を浮かべてそうめんを入れると、蒼に白が映えます。

写真がこれしかなくてごめんなさい!!



それでも気になる!という方は

メールフォーム

からお気軽にお問い合わせしてくださいね。
1個からのご注文も承っております。



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

ゴールデンウィークの家呑み

どこへも行かなかったGWですが、
いつもお世話になっている
お友達を呼んで、家呑み会を開催!!!


最初は庭で焼き肉をしていたのですが、
酒飲み人の集まりなので
あまり肉を食さず・・・・

結局家の中に移動して、
つまみで飲むことになりました。



DSC00329.jpg


こたつの上に一升瓶がどーーーん。
GWなのにこたつが出ててすいません・・・。
まだ寒いんだもん!!!!


DSC00327.jpg

娘はお兄さん(まるちゃん)に遊んでもらってご機嫌♪

「まるちゃんのこと好き?」と聞くと
「うん!好き!だってかっこいいもん!!!」

とのこと。


ちなみに、パパ(黒川)のことも大好きです。


「パパさまぁ~~!結婚してください~~!!!!」

といつも叫んでおります。



お友達からのお土産は盛りだくさんすぎたのですが、
いちばんすごかったのがこれ!

DSC00330.jpg


泡盛です!!!
陶器の壺入り。ここに焼酎を足していくと、
また熟成されるそうな。

ええーもん、もらいました!


そしてこの日は、ビール数本のほかに、
日本酒2升!空いちゃいました~~~!

べろべろ~~~。





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

ゴールデンウィークは動物園へ

ようやく春らしい気候になったGW。



今年が始まってからは
陶芸中心の毎日を過ごしていたので、
やっと、少し子ども中心のお出かけをすることができました!


・・・と、なぜか4歳目前にもなって、
まさかのおんぶひも復活!!!!


しっかり歩けるのに、
パパママがいるとおんぶや抱っこが恋しいようで・・・・
(ふつうは、この年になっておんぶひもは使わない?!)


黒川にすると、
「バックパッカー復活」であります。


DSC06424.jpg

娘は15キロ半。
黒川も、全盛期はこれくらいの荷物を背負って
ヒマラヤ越え?したそうな・・・・・

相当、重いです!!!!!


DSC06412.jpg



そんな重い思いをして担いで行った動物園なのに・・・
動物を見ずに、砂場やちょっとした遊具に夢中になる娘。


動物園に来なくてもいいじゃん!!!

・・・と、夫婦で突っ込み。





しかし、それだけでは大人は収まらないので、
動物園から南禅寺の方まで足をのばしました。



DSC06426.jpg



有名な水路です。
初夏の緑が映えて、とてもきれい!

森林浴ができて
とてもリフレッシュできました!!!

まあ、この南禅寺付近では
娘は爆睡していたのですが・・・。




さて、作品作りは少しお休み、
また新しい作風を模索しつつ、
夏に向けて頑張る予定です。

またがんばります!!!






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹






陶 北村大輔展

日曜日に、高島屋京都店で行われている
北村大輔さんの個展に行ってきました!


北村さんは、黒川の陶芸訓練校時代の同級生。
(同級生といっても、だいぶんお若いのですが・・・)


↓ハガキの紹介文より

現代的な流線紋様がほどこされた作家独自の作品を
今展では穴窯で焼成することで、灰被や窯変など
薪窯独特の表情が加わりました。
モダンでありながらクラシックな表情をあわせもつ
陶芸作品をぜひご高覧くださいませ。


kitamuradai1.jpg


kitamuradai2.jpg


ということで、本当に
大胆でクラシックな風情なのに、モダン・・・
という作風は完成度がとても高くてびっくり!

以前の個展よりもずっと、
北村さんらしさと完成度が高まっていて、
とても見応えがありました。

男性の方に人気が高いようで、
見に行っている間にもどんどん買われるお客さんが・・・!

「とても刺激を受けた」と黒川も言っていました


takasimaya1.jpg


北村さんの個展は今日まで。
高島屋京都店6階美術工芸サロンにて開催しています。



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

第13回ロハスフェスタ

<本人記事>

今回のロハスフェスタ、お越しいただき本当にありがとうございました。

特に初日は、かなりのどしゃぶりでした。
そんな中、黒風窯のために、わざわざ来ていただいた方々もいて、
本当に感謝ですし、勇気づけられました。

2日目も、前回お越しいただいた方々や、旧友が来てくれて、
ほんとうにうれしかったです。

そして、今回もいろいろと新しい出会いができ、やっぱり
こういう、直接触れ合えるイベントは楽しいなぁと思いました。


また、この経験をふまえて、作りたいものが出てきました。
刺激を受けると、何かが産まれてくるものなんですね。
モノ作りとはそういうものなんですね。

今後もどうぞ、ご期待ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。