〜陶身大〜 和アジアンスタイルの陶芸家

京都在住・和アジアン陶芸家「黒川正樹」の作陶生活を、嫁が綴るブログです。
器づくりの日々のこと、作品の写真、展示会のこと、普段のくらし、毎日の料理、盛り付けなどについて書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影

今日も、生活良好の撮影でした。

いつも黒川の器を使っていただいているのですが、
今日は「グラタン皿」の小サイズを採用していただきました!

盛り付けて、セッティングしているところ。

20110331171920.jpg


お料理してくださったのは、
主婦の味方シェフ・中井先生。


20110331170700.jpg


先生はいつもこのブログを見てくださっているそうです…。
ゼーゲル計算のことまで知ってらして、びっくり!!w
でもとってもありがたいです!!


20110331165250.jpg

撮影してくださったのは、カメラマンの栗林成城さん。
いろいろいな雑誌の表紙や、
高島屋のローズちゃんの写真集なども撮影されています。

スネイプ先生に似ていると、もっぱらの噂!
(@ハリポタ)


20110331172038.jpg


こんな感じで、写真ができました☆
グラタン皿ですが、グラタンではなく
中華おかずが入っています!


ふちに高さがあるので、
ちょっとした汁物系もいけてしまうのでした。


-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹





スポンサーサイト

そうめん鉢

4月23日、24日のロハスフェスタ
迫ってきました。

今回の、黒風窯の作品テーマは
「春夏の食卓」です!!



夏にぴったりの蒼の釉薬や、
白地にピンクのヘナを入れた作品をたくさんご用意しますので
どうぞご期待くださいませ!!ってまだ作品はできてないんですが。汗



さて、蒼の作品のうちのひとつ、
そうめん鉢を作成しているところです。

DSC06221.jpg


外側には、「やってみたかった」(黒川談)という
飛びカンナで模様をつけています。

そして、内側には彫のヘナ模様。けっこう、手間かかってます。w

DSC06224.jpg


4月に入ってから、どんどん焼いていくつもり。
まだまだ、いろいろな作品の下準備をしています。

DSC06225.jpg




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

結婚パーティ

ロハスフェスタまであと一カ月を切って、
作品作りもそろそろせっぱつまってきたのですが、

週末は、結婚パーティに参加してきました!!


先日、黒川に引出物を依頼してくださった
あのカップル様でございます!!!w



…というわけで、黒川と嫁、子どもの家族3人で参加。


家族全員で結婚パーティに参加するのは2回目です。



DSC06241.jpg


はっきりお顔を出すのは控えて…
ぶれぶれ写真ですが、素敵カップルぶりがわかるでしょうか・・・。


引出物も好評いただけたようで、ほっと一安心!!





88_large - コピー



新郎新婦の人柄か、とってもあたたかい、
いい雰囲気の会でした!
お料理もおいしくて、娘もバクバク食べて大満足=3


リフレッシュできた週末でした!
今週からはさらに作品作り、頑張ります!!!






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


生活良好3月号

あいかわらず被災地の混乱が続いています。
早く復興までたどりついてほしいと思う今日この頃。

食料や電気など、普段の生活にも
どんどん影響が広がってきているのが怖いです。

でも。被災地の方の苦労に比べたら、
小さな不安にすぎないですよね。

さて、今月も生活良好誌ができあがりました。
黒川の器を使ったお料理は、こちらです。

生活良好3月号


3月号だけあって、旬のさや豆をたっぷり使った中華炒めです。
黒川のマットな質感の
白釉角鉢大に入れていただきました。




春ですね。ちょっと寒い日が続いていますが、
早く暖かくなって、桜がみたいです。

日本全国、心にも、春が来てほしいなあ。






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

青木良太個展

今日は、嫁のギャラリーレポートです。

会社帰りに、「アートギャラリー山木」さんへ行ってきました。
今日は、あの有名若手作家、
青木良太さんの個展の最終日だったんです。

青木良太さんといえば…
陶芸界のみならず、さまざまな面で有名な、
新進気鋭の作家。

これは見ておかねば!!
と思い、いそいそと出かけて行ったのです。

山木さんのそんなに広くない
スペースに、青木さんの作品がずらり~一堂に。
最終日なので、だいぶ数は減ってたみたいですが。
これだけ見れて、よかった!!


青木⑤


これは、彼が有名になったきっかけでもある
磁器の生地に釉薬を混ぜ込んで、焼いてあるもの。
すっごく肌が薄くて、透けるほどなのに、意外に丈夫で
コーヒーやワインなんかを入れても汚れにくいんだとか…


青木①


この白のシリーズ。
とってもシンプルなのに、スタイリッシュなのは、
やっぱり形が洗練されてるからかなあ。と。


青木②

急須も、モダン。



青木③


釉薬がかかった作品も、
めっちゃ興味深かったです。

どの人にもない、個性がたっぷりあふれてる!!!


青木④

すっごくきれいだと思いませんか!!
こんな色の作品って、なかなかないと思う。


彼の作品は、ほぼ、初めて見たのですが…

すごい世界観があって、新しいことをしようとしてる人なのかなあ、
と思いました。

それは、どちらかというと保守的な陶芸界において、
貴重な存在だな、と。

嫁には詳しい技術的なところはわかりませんが、


「なんか、かっこええやん!!!」


そう思ったのが、すべての答えではないかと!!


・・・で、
買っちゃいました!!!!
買うつもりはまったくなかったのに、
買わずにはいられなかった…



DSC00240.jpg


これでも5770円。売れっ子なのに…安い!


DSC00243.jpg


金の入った感じとかもいいんだけど、
この高台のとことか、さらっとした触感とかもおしゃれでええなー、と。


DSC00244.jpg


これ、きっと
ルーシー・リーがヒントになってると思うんですよね…
黒川も、同じようにルーシーをモデルにした作品をつくっていますが、
人によって出来上がりがぜんぜん違うなあ、と。


おっと今日は青木さんのべた褒めブログになってしまいました…



ちなみに、黒川は青木良太さんに似ていると
言われるそうです。
(嫁も、そう思います。男前度やオシャレ度はともかく。)

これ以上書くと黒川に怒られそうなんで、もうストップします!!!



…ってこんなシメですんません。



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

三連休

3連休もあっというまに
終わってしまいました。


休みって、何もしないのに
異常に早くおわっていく・・・。



この連休は、ロハスフェスタが来月に迫ってきているので、
遠出はせず、ほとんど家ですごしました。


初日は天気がよかったので、
庭でランチ。


DSC00236.jpg


ありあわせのものだけでも、
ビールがあれがそれでオッケー!!!!イエーイ





DSC00238.jpg

娘もこの笑顔でした!!
縁側に座って食べたいところだけど、
置き場所が不安定になるので
縁側に向かって食べてます。w





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


行きつけの店

黒川家は家族そろっての外食ってあまりしないのですが、
唯一!毎月のように通う店があるんです!


それは京都の
ネパール料理「ヒマラヤ」さんです。


黒川も嫁もエスニック料理が大好きですが、
なかでもここヒマラヤさんはピカイチ。

味はもちろんおいしいのですが、
めっちゃくつろげる空間で、
なんともまったりしちゃうんです。w


しばらく行かないと、「ヒマラヤ切れ」を起こす私たち…
「ヒマラヤ、いこか~」とどっちからともなく言いだします。

確定申告するのに領収書を調べたら、
ヒマラヤのものがめっちゃあってびっくり…笑



もちろん、子どもも連れて行きます!
生まれて1歳ぐらいから連れて行ってるので
もう、多少のスパイスには慣れて
バクバク食べています!w

今では「ナマステ(ネパールのあいさつ)のおっちゃんのとこ、いく~」
とかみずから言ってます



DSC06204.jpg

嫁はネパールに行ったことがないのですが、
黒川はネパールに行ったことが!

ネパールは、めっちゃいいところらしいです。
…というか、インドがしんどくて、インドからネパールに来ると
天国のように感じるんだとか…


しかも、ご飯が超おいしい!らしい。


ネパール行きたい~~~~!!!!ぐお~~~!!


DSC06207.jpg

ヒマラヤさんのメニュー。
割と、日本人向けに食べやすい味わいになってます。
夢中で食べちゃうので、
終盤の写真、1枚しか撮れませんでした…トホホ

チーズナンが、最高なんですよね…


DSC06206.jpg


靴を脱いでまったり過ごせるので、
大学のゼミの集まりとかによく遭遇します。

外国人のお客さんとかも多いし。

シタールの演奏会とかもあるんですよ~。
(って別にお店の宣伝じゃないですよ!!)



DSC06208.jpg



お店のネパール人さんはとってもいい方で、
いっつも娘と遊んでくれはります。

この前は、おんぶまでしてもらってました。(笑)


このネパール人さん、なんと!
黒川のグループ展も見に来てくれたんですよ。w

どんだけ、常連やねん!!!
ってのを感じていただけたらいいかと思います。w





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

お客様のページ

黒川正樹HPの「お客様のお声」のページに、

先日引き出物をご依頼くださった方からの
お写真をアップしましたので、ぜひごらんください!



最近の結婚式では、
会場やドレス、食事などのスタイルのほか、
引出物にもすごくこだわるカップルが多いんだとか・・・・


そもそも、ご依頼くださったMちゃんも、
とってもおしゃれでクリエイティブな女の子(若いのです)で、
「年齢を問わずに手にとってもらえて、かつ、
 自分たちらしさやこだわりが感じられるものがいい!」

ということで、引出物を探していたそう。
それで、黒川に依頼してくださったのでした。

確かに、カタログの引出物って
なんだか味気ないですよね・・・・


でも、なかなか手造りの品や
こだわりの品を引出物にする
チャンスってないのかもしれません。



そういえば、黒川と嫁の結婚式の引出物も、
黒川が作ったお皿でした!

嫁も、カタログの引出物は嫌だったんです。

黒川のお皿と、
あとは、お菓子などで引出物にしました。

それでちょっと黒川ともめた覚えが!!


というのも、関西では引出物は「量より質」という雰囲気で、
引出物も割とコンパクトなのですが、

黒川は名古屋出身。
名古屋あたりでは、引出物は
「とにかく、かさばるものを!」という風潮があるんだそうな・・・
で、「これだけじゃ少なすぎるのでは!?」
ということになったんです…


結局、そのままでいったんですけどね。w


ちょっと懐かしい思い出話でした~~~





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

ゼーゲル計算

東北地震で被災されて、
まだまだ不便な生活をされている方を思うと心が痛みます。

ツイッターやブログなどでは
誰もが「少しでも早くいい状況になってほしい」
と感じている思いが伝わってきて、

「日本はいま、ひとつになってるんじゃないか」と思えます。


連日の報道に、気分が落ち込み、
ひっそりと暮らさなくてはいけないような
自重ムードが漂っていますが、
こんなときだからこそ、
地震の被害を受けなかった
西の人間が頑張って盛り上げていかないと!

と思うんです。


むやみやたらに何かを中止するだけじゃなく、
経済的に活気を生み出して、
そのお金を支援金として送る!

とかした方がいいんじゃないかな~、と思ってます。


…というわけで、元気な人間は、元気を出していきましょう!
このブログもいつもの陶芸の話題も書いていきたいと思います!!



さて、今日は週に一度、勤務先での
「釉薬の勉強の日」だった黒川。

相変わらず、「ゼーゲル計算」を勉強したそうです。


ゼーゲル計算は、ソフトがあるので、
別にできなくていいそうなんですが、
釉薬の勉強をするにはこれを知っていないと
先に進まないんだそうな…


ゼーゲル計算って、なんやねん。
って改めて聞いてみたら、
こんな答えが返ってきました。


たとえば、料理で
「肉じゃが」の味が出したいとき、

「塩分A%+糖分B%」でできるとする。

ただし、この塩分A%は、塩でもいいし、しょうゆでもいい。

しょうゆA%+砂糖B%=肉じゃが

だけど、

塩A%+はちみつB%=肉じゃが

でもあり、

でもしょうゆで作った肉じゃがと、塩で作った肉じゃがは、
同じ味だけど、しょうゆと塩は違うから、違ったものになる…


ということらしいです。


つまり、このゼーゲル計算を
知っておくと、「こんな色や質感を出したい」というときに、
早くそこにたどり着ける…というもの。

それだけ知ってても意味はないけど、
知っていると便利、だということらしいです。

なにせ釉薬はちょっとした配合の違いで
すぐに色や質感が変化する。


嫁がびっくしりたのは
陶芸家のひと達は「ちょうどいい釉薬の配合」を
ほとんど勘と経験と偶然とで作りだしている


んだそうな…ホンマっすか、陶芸家のみなさん。



偶然の産物から生まれた釉薬を、
確実に自分のものにするためにも
ゼーゲル計算を活用するといい、と黒川は考えているようです。






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

型作り

引き出物作りが終わり、
今は頼まれたものをつくったりしていますが、
4/23.24のロハスフェスタに向けての
作品作りを始めています!

まだまだ本格的な作業とはいかないんですけどね。




天気がよかった週末、縁側で乾かされる皿たち。
DSC06210.jpg


ヘナ柄も入って、釉薬をかけて焼きます。

DSC06213.jpg


ロハスフェスタでは「蒼」のお皿を充実させる予定なので、
この皿にも蒼の釉薬がかかるはず…!
あ、でも予定は未定です。



DSC06212.jpg


…ん??これは何ですか??


「花器の型」。


だそうです。花器に、見えん!!

すんません、つい。
厳しく突っ込んでしまうのが嫁の悪い癖です。
気を取り直して、次!!!



DSC06211.jpg



これは、なんじゃ??



「ちょっと、かぼちゃの小物入れをつくってみた。」


…だそうです。



突然、かぼちゃかいな。




まあ、ものづくりにはそういう
突然さが必要ってことで。w





どんなできあがりになるんでしょうか…。

た・の・む・で



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹



非難準備

連日テレビやネットでは
地震関連のニュースばかりやっているので

関西はいつもと変わらない景色でありながら
心の中はどこか平穏ではありません。

嫁の会社にも福島出身の方がいて、
ご両親と連絡がつかないとか。

どう協力していいかも、わかりません。


一日も早い復旧を願うのみです。



今後、関西でも地震が予想されているので、
とりあえず、非難準備をしておかなければ!

…と、黒川家では躍起になっています。


とりあえず、懐中電灯がない!!!

即、購入!


電池のいらないラジオ(手巻き方式?)も、いるよね!!!


あとは、水、布テープ、軍手、ごみ袋、サランラップ、濡れティッシュ、紙食器、救急キット、
チョコレート、飴、預金通帳、身分証明書…

これらをリュックに詰めておくといいとか!!


さっそく、準備したいと思います。


被災した東北の方が


「生きているだけでいい」


とおっしゃってましたが、
本当に地震が来たら、

仕事どころではないんだろうなあ

とぼんやり思うのでした。





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


揺れました

昨日は、会社で仕事をしていた嫁ですが、

ものすごく揺れを感じて

仕事、ストップ。



横揺れが、ずーーーーーっと続いて、
気分が悪くなりました。
船酔いのように!!



嫁の仲の良い先輩は
「気分が悪い」と、机に突っ伏していました。
「阪神大震災の記憶がトラウマになってる」とのこと。
確かに、あの地震のことは、関西人なら忘れられないもの。

あの以上の衝撃を、いま、東北の方は
経験しているんだ…と思うと、胸が痛みます。



黒川の勤めている信楽、
そして自宅の京都では、ほとんど揺れを感じなかったそうな。

なんだだろ??




関係ないですが、
東北地方の陶芸家の方は、
作品が全部割れてしまったんでないか…
とそんな想像をしてしまいます






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹






うつわの本

最近、こんな本を見つけました!

その名も「京都うつわさんぽ」。


表紙


京都のいまどきギャラリーから、
骨董屋、はたまた凝ったうつわを使った料理屋の紹介など、
なかなか盛りだくさんの内容!!

本屋さんで見かけて、すぐに購入を決めました!


…で、びっくりしたのが。
最初のページ、sophoraというギャラリーの紹介ページの
一番初めに、黒川の訓練校時代の同級生「加藤美樹」さんの器が載ってる!!!


ぐらんぴえ


加藤さんのは一番左のものです。
うーん、すごい。ギャラリーの紹介ページに載るなんて…☆
同級生として、見習わなければ!!



そして、嫁のお気に入りのお店載ってました!
中でも「ひたむき」さん。
単なる「クラフト」ではない、新しい感性のうつわが見つかるお店です。


ひたむき


あとは、嫁の大好きな「エスニック」系の、
グランピエ!器屋じゃないけど、
見ていて飽きない雑貨がわんさかあるんです。
本当に大好きなお店です。


sophora.jpg



本の宣伝みたいになってしまいましたが、
黒川には一滴の得もございませんのであしからず!笑


この本を参考に、
嫁もいろいろ見に行ってみようと思います!!!




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹



釉薬の話

勤めている雲井窯で
今、週に一度、試験場の先生を招いて
釉薬の講習会をしているそうです。


ただで教えてもらえるなんてラッキー!



人ごとながら思ってしまった嫁…。



嫁は陶芸をしたことがないので
未知の世界ですが、
釉薬って、なんかすっごく難しいイメージが!!!


でもって、すっごく奥が深い。

いろんな物質の混ざり合いだから、
ちょっと配合を変えるだけでも、
土台の土でも、また、温度でも
ぜんぜん違った色合になっちゃう。


黒川も釉薬には苦労しています。


今やっている蒼の釉薬も、
なかなか安定しないのでおかしい、と
調合を再確認してみたら、

調合自体が「マット」になるはずの釉薬を
温度を変えて焼くことで「つやっ」とさせていたんだそうな…



パソコンに向かって
ぶつぶつ言ってるので「?」と思ったら、
その計算(「ゼーゲル計算」)をやってたらしく・・・

みたら「モル数」とかいう単語が出てる!!!


ギャーー!これって昔高校生ぐらいのときに
物理?数学?でやってた気がするーーー!!


もうそれだけで、文系の嫁はアレルギーです。


黒川は意外に理系です…

同じ経済学部卒なのに…。なぜこんなに違うんだ…。




↓まるで受験生のような
釉薬の調合?表。


DSC06195.jpg




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


うちのごはん企画

黒川のタジン鍋特集、
またタジン鍋コンテストを開催中の

うちのごはん.jpというサイトで、


坊垣茜さんの連載が始まりました!!


坊垣さんは、黒川のホームページに
レシピを提供してくださった
フードコーディネーターさんです。




連載では「女子のためのガッツリ料理」というテーマで
レシピをつくられるそうです。

しかも…とっても美人…☆


うちのごはん.jpのトップページの下の方へスクロールしていくと、

坊垣さんのバナーの下に
黒川のバナーがっ!!!!


akane.jpg


furusato.jpg



美女となんとか??いやいや!!!



そんなことはどーでもよくって、
お料理に興味のある
ガッツリ女子のみなさん、
ぜひ連載をごらんくださ~~い。


嫁も見ま~~す!!!





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

引出物完了!!!

昨夜は娘を寝かしつけてから、

引出物の梱包大会!!!でした。


大会て。大げさな…


て感じですが、
実際、引出物は普通のうつわより
きちんと包装しなければならず、
とても気を使いました。


実は年末に、
お客様のタジン鍋を発送した際、
運送屋さんの荷台でほかの荷物に押され、
ひびが入ってしまったという
苦い経験もしているため、(焼き直した)
そこは気が抜けません。



DSC00232.jpg


とりあえず、蒼の丸皿がいっぱい!!!
これを今から包装します。

リビングで作業することにしました。


一つずつ化粧箱に入れ、
赤い紐をかけて、その上からのしをかけます。

DSC00233.jpg

こんな感じ~~

嫁は紐をかけるのを手伝ったのですが
うまくできず、結局のしをつける係にチェンジ。(-_-;)

で、のしがはがれないようラップをかけてから、
数枚ごとに段ボールに詰め込み、


今日、ようやく発送することができました…☆

ばんざーいばんざーい!
ようやく、嫁に出すことができたー!


今回の反省点は・・・

この蒼の釉薬は思ったより難しくて、
依頼された20枚の皿を、
すべて同じ色にそろえることに苦戦したこと。

焼き直しもありました。


「自分の力不足を痛感」

とは、黒川の感想。



でも、こういうった経験ができて
とっても勉強になったようで。


何事も、まだまだ勉強っす!!





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹




風邪っぴき

先日、娘が入院したと書きましたが
このブログを読んでいる方から
お見舞いメッセージをたくさんいただきまして…

ありがとうございます!涙

おかげさまで、すっかり元気になりました!


が!もともと入院の原因だった「風邪」が
黒川と嫁にうつってしまったようで…

ま、大人なので入院するほど悪化はしませんが、
それでも子どもの風邪がうつると、けっこうやっかいです…


嫁はもう回復に向かっているのですが、
黒川、今日ダウン。


さきほど、娘と一緒に7時半に就寝いたしました…



7時半て…。




ま、体が資本なので
無理はいけません。




現在仕上げ段階に入っている
引き出物の、別柄バージョン。

嫁はこれがお気に入りです。

DSC00219.jpg



大きさは、約8寸です。


DSC00218.jpg


この皿と少し柄違いのものが、
約20枚、焼き上がって嫁にいきます~~
早く風邪を治して頑張らねば!



■蒼丸平皿インド紋8寸 Φ26.5cm h2.4cm



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

引出物追い込み

2月中に完成させるはずだった
引き出物、やはり遅れております…汗

披露宴までに、なんとか頑張らねば!責任重大です。

夜な夜な作業中~~


DSC06192.jpg


いくつかはすでに完成しております。
ちょっと手直しが必要なものもあったり。

DSC06193.jpg



よく聞かれるのですが…
窯は、薪で火を焚いていると思ってる方が多いらしいのですが、
なかなか「登り窯」は現代では難しく…
(山とかだと登り窯も存在します)
だいたい、電気かガスです。

うちも、庭においている電気窯で焼きます。
家庭用の電力と別に、動力をひいているんですよ。

この窯で、ぞくぞく焼いていく予定です。


窯 




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

生活良好3月号

おかげさまで、
無事に娘も退院しました!
ほっと一安心。

でもまた賑やかな日常がはじまる……。



さて、去年の11月に撮影した
冊子が2月末に出来上がりました!

その撮影のようすは以前のブログ記事で。



これが、その冊子の表紙です!!

生活3月号②


黒川のうつわは…
このページです~。

上の皿も、下の皿も、両方。
ダブルで使っていただきました!!


料理、写真、スタイリング…
プロの技が詰め込まれて、すごく良く見える気がします 笑


生活3月号①




この冊子は無料で、スーパーに置いているのですが、
レシピや生活の知識ページなどもあって、超便利!

置いてあっても、すぐになくなってしまうのがネックです…
みなさん、けっこうパパっと取っていかれるようで。


置いているスーパーはAJSというグループに
加盟しているスーパーだけなので、
どこのスーパーにでも置いているというわけではありません。

大阪だと、関西スーパーとか、スーパーナショナルとか。

おいてあるスーパーを探すにはここ!AJSのページです。






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。