〜陶身大〜 和アジアンスタイルの陶芸家

京都在住・和アジアン陶芸家「黒川正樹」の作陶生活を、嫁が綴るブログです。
器づくりの日々のこと、作品の写真、展示会のこと、普段のくらし、毎日の料理、盛り付けなどについて書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院

またまたブログの更新が止まってしまいました汗
手前味噌な話なのですが
娘が先週末から入院してしまい
バタバタしておりました。

入院の原因は、中度の肺炎。

先週初めから、熱が出て調子が悪かったのですが
なかなか治らないので再受診したところ入院になってしまいました。

何がたいへんかというと。
(もちろん、本人が一番大変なのですが)

まだ3歳という年齢ゆえ、
大人が付き添いしないといけなくて、
黒川と嫁が交代で病院に
泊まり込みすることになるんです。


ただ・・・・・

実は、うちの娘、
入院するのはこれで4回目。


入院が決まったら、
黒川はてきぱきと手続きと用意をして、
私と段取りを話し合い、スムーズに進みました。


慣れってすごい・・・。



おかげさまで、入院したら
娘もサクッと元気になり、爆睡し、
明日には退院することになりました!!!




それにしても・・・
娘に病院の食事を食べさせていて思うのですが、
病院のご飯って本当に味気ないですよね~。


嫁はけっこう粗食が好きなので、
味的には問題ないのですが、

何がいけないって、ビジュアルが悪い。笑


あのプラスチックの盆に、
プラスチックのうつわ、
何の工夫もない盛り付け・・・

「同じおかずでも、作家モンの皿に入ってたら
ぜ~んぜん、違うのにな~!!!」

と心底思われるわけです。(そんな状況で・・・・苦笑)


「食事」って、本当に見た目が大切やで!!!
と感じる嫁でありました。


それも、黒川がうつわ作りをしていなかったら
感じなかったことかもしれませんが。




20110228121032.jpg


熱が下がって爆睡する娘と、
プラスチックうつわ入りご飯。
ね、あんまりおいしそうじゃないでしょ?w




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

スポンサーサイト

どんぶり

以前ちょっとご紹介した


DSC00133.jpg


このどんぶりうつわの色違いをご紹介します。




DSC00221.jpg


形は、口が広がっている感じで、
乳白の生地と黒金入り釉薬のコントラストになっています。

それから、写真ではほとんどわからないのすが、
びっみょーに、蒼のラインも加わっています。
釉薬の関係でこうなるのだとか。



DSC00223.jpg

下から見ると、こんな感じです。
嫁的には、この下から見た感じの方が好きです。w


■白釉黒金入り丼  
大Φ15m h7cm 1,600円・小Φ14cm h6.5cm 1,400円












-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

続・キサラギのウツワ展

今日も嫁のリポートです!

黒川の陶芸訓練校仲間である、
大井寛史さんがグループ展に参加されているとのことで、
見に行ってきました!

…ひとりで!!

ってなんで嫁が一人で??


というと、実は開催されているお店、
Meetdishさんが、嫁の会社から激近!!
だったんです。徒歩5分。


なので、会社の昼休みに
そそくさと行ってきました!

大井さんにもらったDMを見ると、
「人気急上昇の大井寛史さん」って紹介されてる~。
すごい~!なぜかニンマリ。
(おいおい)


20110223123724.jpg


場所はここです。
近いのに、知らなかった…このお店。

オフィス街の中にあるんですよ。

20110223123706.jpg

看板が出ていて、気づく感じ。
知らなかったら、通り過ぎてるね…。


20110223122639.jpg


出店作家さんは、二川修さん、はしもとさちえさん、八田亨さん、松尾直樹さん、大井さん。
みなさん、とっても丁寧に作られている感じがしました。
ぬくもりがあるというか。ラインもきれいだし。

20110223122727.jpg


出展作家さんのひとりである八田亨さんと、
たくさんお話していただきました~
ありがとうございます!

ブログを拝見していたので、
なんだか初めて会ったとは思えずw


20110223122701.jpg

大井さん人気のカップ、ポットはこんな感じで。
素敵にディスプレイされていました。


DSC00227.jpg


嫁は、松尾直樹さんのこのお皿を購入。

ふだん、あまりほかの作家さんの器を買うことはないのですが、
「使いやすそうだな~」と思い、買ってみました。


家に持って帰ってみると…

なんだか、転校生がやってきた気分なんです!!!


黒川の器だらけの中に、
ひとりぽつんとやってきた新米クン。

テイストの違う、新米クン。


「でも、君は今日からうちの子やで」
と心の中で思いつつ。


何を入れようかな~?




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹



春らしく

春なのに…
娘は風邪で高熱を出してしまいました。
今日は嫁も会社を休み、一緒に寝ていました。

…いや、ぐうたらしてるんじゃないんですよ!!?


一人だと、なかなか寝られないみたいなんです。

添い寝っていつまでするもんなんでしょうね。



今日は、茎がぽきんと折れてしまった花を
うつわに浮かべてみました。



DSC00211.jpg


まだ花自体はきれいなので、
こうするといいかな。と。


白とピンクが映えます。

黒川が、「これを今度のディスプレイに使いたい!」
と言っていたので、4月のロハスフェスタでは
うつわにこの花を浮かべるディスプレイになりそうです。

onino.さん、よろしくお願いします!!!w

DSC00213.jpg


花の名前が~~~…っ!また、忘れちゃいました!!
バラじゃないんですよね~。ポピー??


ダメダメ夫婦で、、すんません!!



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

蒼の八角皿

ようやく少し春らしい日が増えてきましたね!

今年は厳しい寒さの日が多かった気がするので、
やっぱりうれしいですねえ~~。気分がよいです。晴れだと。w

でも三寒四温というぐらいだから、
まだまだ寒い日と暖かい日がくり返すんでしょうね。


さてさて、嫁は黒川の作品を
なるべく家で使っているのですが、
(盛り付けの写真を撮るのに必然的にそうなる)

このところ、新作がちょこちょこできてきたので、
もっぱらそれを使っています。


週末は、蒼の平皿まつり!!!

春はやっぱりサラダがおいしい季節なので、
ちょっと気が早いですが
生野菜サラダモリモリに盛り付けてみたり。


そして、撮影したのは
たこマリネ~~~


蒼八角平皿インド紋


この色のせいか、
すっかり気分は夏!!

まだ寒いけど!!!


先取りしすぎて、そのうち一年
一周するんちゃうか~~って勢いです。w



■蒼八角皿インド紋
正方形の角を落とした形が特徴の平皿です。
インド紋様が全体的に施してありますが、
彫なので表面はつるりとしていて使いやすいです。
<価格未定>



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

話し合い

今日は、お昼頃に出かけて行った黒川。

ひさしぶりに、おててごと(陶芸訓練校の同級生グループ)
のメンバーで集まったのです。


すでに3回のグループ展を行ったおててごと。


今まで、9月にグループ展を行ってきたのですが、

メンバーそれぞれ活動の幅が広がりつつあるのと、
秋は何かとイベントが多くて忙しい…

ということで、
今年はグループ展を行わず、
来年の春に開催することに決まりました。


それまで、時間があるので、

それぞれが「おててごと」というグループと
どうかかわっていきたいのか…
じっくり、考えて、話し合っていければ…

という風にまとまったそうです。


ひとりひとり、陶芸に対する思いや
取り組み方が違うので、大変なこともありますが、
やっぱり、ひとりではできない魅力が
グループ展にはあると思います。


来年の春、いい形で開催できることを楽しみにしています!





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

新作の予定

ただいま、依頼されている引き出物の最終試作が済み、
本制作に入っています!

これは以前ご紹介した試作品。

③丸皿タツ2


実際に決定したのは上のお皿で、
タツノオトシゴの模様がインド紋様に変わりました~

「刺身とか、盛りたいっす!」
と、ほかの同僚の女子に言われました。笑
確かに、涼しげな雰囲気が刺身にぴったりかも…。w


さて、この引き出物作りが終わったら、
今度は4月のロハスに向けて作品づくりがはじまります。

前回参加したときにご好評だった
「ピンクのヘナ」を復活させることにしました!

↓2年前?ぐらいの作品

DSC03275.jpg


DSC03305.jpg


このピンクのものは、ほとんど数をつくっていなかったのですが、
柄をブラッシュアップさせて、いろいろ作ってみようか~
と話し合っているところです。


また、試作品が出来上がったらこのブログでご紹介したいと思います!




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

今月の撮影

今日は嫁のリポートです!




いつも黒川の器を使っていただいています
「生活良好」冊子の撮影が、
昨日今日と2日間、行われました。


場所は…

某超有名調理師学校Tさん(w)の教室!!





料理中


フライパンを熱く振っているのは
若きイケメン料理人N井先生です。
自称「主婦の味方」。


作っているレシピは、「6月号父の日のおつまみ特集」ということで、
いかゴーヤキムチ炒めです!!!ビールをおくれ~~!!!




morituke2.jpg

それを黒川の器に盛り付けて…

蒼が初夏感を演出ってところでしょうか!?






ikagoya1.jpg


はい、ビールも一緒に撮影です!!!
おいしそうでしょ。さっすが、先生。
プロの先生が作った料理は、やっぱり何かが違います。
不思議ですが、違うんです。

切り方かな~…火加減かな~…謎です。





そしてプロのカメラマンさんが撮ると、
やっぱり素人とはまったく違った写真になります。

カメラが違うのはもちろんですが、
ライティングとかも違うし。

デジカメなので、すぐにパソコンでチェックします。


pasokon.jpg


黒川の器に盛った
いかゴーヤキムチは、
父の日特集の表紙に採用していただきました!!!
ありがとうございます!!



それから、これまた黒川の「黒釉長角皿」に盛り付けているのは
うなぎのミルフィーユ仕立て。

かばやきの間に、アボカドとモッツァレラチーズがはさまってます。
ワインをおくれ~~!!!


unagi.jpg



…はい、というわけで赤ワインを添えてセッティング。

unagi3.jpg



こんなセッティングとカメラで撮ってます。
ね、プロは違うでしょ。w


unagi2.jpg



今月も、みなさん
ありがとうございました!!!!






-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


東京旅行を終えて

久しぶりの、黒川本人記事です。

東京旅行を終えて、いま、頭のなかは、いっぱいです。

体が、というより、頭が疲れています。

やはり、いろいろ刺激を受けました。


ここ最近は、「じっくりものを見る」ということを、
あまりしてませんでした。
久しぶりにいろいろ見ると、めちゃ疲れます。

まだ頭の中は、ボーっとしてる感じです。
きっと、ゆっくり整理してくれていると思います。


「ゆっくりしてるヒマないで!!!」
と嫁に突っ込まれそうですが・・・


ぼんやりと、なにかが浮かんできてる感じなので、
また見えてきたら、書き込みたいです。

東京

DSC06184.jpg



東京、どうやったあ?


うん、とにかくめーちゃめちゃ忙しかったわ。


みんなと、話とかできたん?


うん。おててごとのこととかも、
山田とかあいぽんとかと話できたし。
よかったよ。



あ、あとミキティの個展を見に行ってん。
訓練校の同級生の。

それが、松屋銀座でやっててさあ、
すごい立地も良くて、めちゃいい場所で…
人脈があったからかもしれんけど、
そういうすごい場所でできたってところがすごいよなあ。

作品も、すごく良くなってて…

いっちんの技法を使ってるんやけど、
それをうまいことセンス良くまとめてて。

俺のやろうと思ってたことをすべてやってて、
しかも俺が思ってたことより全然うまく作ってて、
ハッキリ言って打ちのめされたわ~。(笑)

ミキティの個展が、今回いちばん刺激を受けたかもしれん。


俺の訓練校の同期は、みんな頑張ってるな。
いい時期に入れて、ラッキーや。


それにしても、まだまだ自分ができてないっていうのを
すごく今回感じたわ。

今日から、気合い入れなおして、ガンバろ!





…まだまだざっくりとしか
聞けていないのですが、
東京旅の第1感想は、こんな感じでした。
また何かあればリポートします。笑




*ミキティとは、陶芸訓練校の同級生、加藤美樹さんです。
先ほど松屋銀座で個展をされるほど、注目の作家さん。





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹





蒼のカップ

ブログの更新が少し停滞してしまいました汗
週末はたいてい呑んでいるので
そのまま更新できず…ということが多いです。笑


それから、ただいま黒川が
東京へ旅行中(@東山青窯会の研修)でして、、、、

嫁一人で娘の面倒をみないといけなくて、
娘を寝かしつけるつもりがそのまま一緒に就寝ZZZZZ

そんなわけで、言い訳でした!!!w


さてさて、

少し小さめの
蒼のカップができました。


高さは携帯ぐらいでしょうか?
女性の手でも持ちやすい胴回りなので、
ちょっとした飲み物や
お酒などに合いそう。


DSC00162.jpg


いちおしは、真中のこの黒金を組み合わせたタイプです。
新しい釉薬で、黒の中にほんのり金が浮かび上がっています。

DSC00164.jpg

見えるでしょうか??
写真だとちょっと見えにくいかも。

蒼黒金入りカップ



下は、新しいヘナ紋様。
シャシャッと流した感じの紋様になってます。

DSC00166.jpg


最期は、おなじみインド紋様。
柄も、少しずつブラッシュアップしてます。
ま、その時の気分にもよるのですが…w


DSC00168.jpg




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

ロハスフェスタ

◎お知らせ◎



4月23日(土)24日(日)

ロハスフェスタ13回

に参加決定しました!!



少し先の話になるのですが、
上記のとおり、ロハスフェスタに参加いたします。
秋に引き続き、2回目。

前回来ていただいた方にも、初めての方にも、
黒風窯の新作を見ていただきたいです~♪


春・夏・秋とあるロハスフェスタの中でも、
春は、いちばん人出が多いそうで…

ワクワク!


天気がよかったら、すっごく気持ちがいいでしょうね~♪
店番しながら、ビール呑んじゃおうかな~~(オイオイ)



また会期が近づいたら、このブログでも
ご紹介したいと思います!!!





-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

八角の平皿

今日ご紹介するお皿は、
先日もブログに書いた、
引き出物試作からの発展版。


蒼でしっかり完成させました!


■蒼八角皿インド紋

DSC00138.jpg

模様もちゃんと浮き出ています。
ガラスっぽい仕上がりで、使い勝手もよさそうかな。

アジア料理が似あいそう~ムフフ。
嫁なら、やっぱり生春巻きとか入れるかも!!
あ、食べたくなってきた。笑

DSC00140.jpg



そして、色違いでもできました!


■ガラス黄釉八角皿インド紋




これはこれでまた、違った感じになってます。
黄色というか…飴いろですね!これは。
蒼よりも渋い感じです。

DSC00141.jpg




また、料理を盛り付けた写真も
ご紹介したいと思います!
これから作ります!(w)



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


グラタン皿

ここ数日、春を感じる日差しになってきた
このタイミングで!


グラタン皿のご紹介です!(苦笑)


昨年作っていたグラタン皿の
サイズを見直し、持ち手のデザインを少し変えて
新しく数点できあがりました。




ちょっとだけ、横幅がスリムになりました。



このグラタン皿は、とっても使いやすくて
我が家で重宝してます。
今まで作らなかった料理にも挑戦するようになってみたりして。

下は、以前ご紹介したキッシュ。
軽くバターを塗って、生地を敷き詰めて焼けば、専用の型いらず!

DSC06012②



そして下は、嫁の創作料理。
ブログ用に撮った写真ではないので、
色加工してごまかしていますが…(笑)

「かぼちゃチーズ焼き」。

DSC00114.jpg



レシピは超簡単!!!


①かぼちゃと豆腐を薄く切って、
 電子レンジでチンして水切り。
 アボカドも薄く切る。

②切れてるチーズ、かぼちゃ、豆腐、アボカドを
 順番に並べて、上から溶けるチーズをかけて焼くだけ~~

ワインにぴったりのおつまみです。


ちょっとレシピブログみたいになっちゃいましたね!!!



ちなみに、このグラタン皿、
大サイズは¥3500、小は¥1800です。



 

-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

焼けました

春からのイベントなどに向けて
試作品を少しずつ作っています。

あまりスピーディとはいえない
作品づくりですが、
今朝、本焼きができましたので、
少しずつご紹介したいと思います。


これは、先日素焼写真をご紹介したマグカップ。
こんな色になりました~。
基本は白で、黒のざらっとした触感の釉薬がポイントで入っています。


■白釉黒金マグ





ちなみに、素焼の写真はこちらです。

素焼のカップ


色違いでも作りました!
少しわかりにくいですが、黒い部分には金も入っています。

■黒金黄釉マグ

DSC00128.jpg



おなじ釉薬で、丼も作りました!
ふつうの丼よりは小ぶりなサイズですが、
しっかりごはんが入る大きさ。


■黒金黄釉飯椀

DSC00133.jpg


一応、黄釉という名前を付けているんですが、
正確には黄土色?茶色?飴色?
う~ん、土の色によって変化するので、なんとも言えない微妙な色合い!
…なので、とりあえず黄釉、ということで。w

アジアの土っぽい感じで、
なんだか旅を思い出す色です。




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

本焼き

夜中0時に起きて
薬がけする予定だった黒川…


やはり、起きられませんでした。(爆)


ま、睡魔にはよく負けてます。



結局4時ぐらいに起きて
やってました。


ただいま、本焼き中です!!!


明日の朝、どんぶりやマグカップ、
タジン鍋が焼き上がる予定です。


DSC00115.jpg


きょうのお花は
オリエンタルリリー!(@うろ覚え)
onino.さんでいつもアジア系のお花をお願いしています。


黒川家の玄関先の
いつもの花器に生けました!


DSC00116.jpg


こんなのも、ユリの一種なんですね!
一般的なユリはあまり好きじゃないですが、
こういうのはすごく好きです!

何事も、アジア風味が好きな黒川家です…w



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹





今日も素焼

今朝がた焼き上がった素焼たち。

どんぶり鉢や平皿やら
いろんなものをつくっていますが、

ズラリと並んだこれは、マグカップ。


DSC00119.jpg


チャイグラス型に持ち手がついていて、
掻き落としで模様が入っています。


どんな色になるんやろ??


ワクワク。




薬をかけて本焼きをするために、
ただいま黒川は就寝中!!!

夜の0時に起きて、薬がけに入ります。


嫁からみると変なサイクル…と思うのですが、
なんだかスケジュール的にいろいろあるみたいです。
(いろいろって何や!!)


娘のインフルエンザがうつらないといいのですが!



-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


引出物づくり

今年、たくさん作る予定なのが、

蒼のうつわ

です!



この蒼シリーズ…
花器や時計などのための釉薬のつもりだったんです、最初は。
なぜなら、「ブルーのお皿ってどうなん??」
と夫婦でためらっていたため。


でも実際に即売会で蒼の反応が多くて、
すごく多くの方に

「この蒼が好き!」


と言っていただいたのです。(感涙)


…というわけで、
お皿やタジン鍋もしっかり蒼で作ることになりました!笑



いま、嫁の同僚に頼まれ、
黒川は引き出物をつくっているのですが、
それも、蒼!
(Mちゃんありがとう!!!)

まだ試作段階なのですが、
「蒼で、平皿を」という依頼に沿って、
いくつか作ってみました!!!



②角皿インド紋
②角皿インド紋アップ


変形8角皿に、インド紋様の掻き落とし。
これはかなりオリエンタル。
でも意外に使いやすそう。


③丸皿タツ2



こちらは、丸皿にタツノオトシゴのヘナをあしらったもの。
新しいモチーフに挑戦!…ですが、
なかなか難しく、ブラッシュアップが必要です。

③丸皿タツ・アップ



それと、ちょっと釉薬の混ざり具合が失敗して
白いぽつぽつができてちゃいました…


依頼者のMちゃんと相談して、
○型の皿で、インド紋様のヘナ+掻き落としでいくことに決定しました。


タツノオトシゴの方は、まだまだ完成度を上げて、
別の形で世に送り出したいと思います!!!




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹


素焼中

今日はまた、素焼をしています。
自宅の庭に置いた電気窯で焼くのですが、
スイッチを切り替えないといけないので
夜中に焼く場合は、一度寝て、また起きて…となかなか大変です。

少し前に焼き上がった
小さいサイズの土鍋は、
サイズのせいか、
歪みが出てしまうことが判明…

大きいサイズは問題ないのですが。


黒川の土鍋は底に釉薬をかけているので、
焼き方がなかなか難しいのです。


その小さい土鍋などを、素焼しています。



今度は、うまくいくといいのですが!
陶器は、焼けてみないとわからない…
というのが面白い半面、難しいですね!




-PR-
オリジナルデザイン、うつわ制作いたします。
お気軽にご相談ください。
ヘナアートと和アジアンスタイルの陶芸家 黒川正樹

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。